男性型脱毛症AGAとは?

男性型脱毛症とは、思春期を過ぎた成人男性にみられる脱毛症のことで、最も一般的な脱毛症の一つです。AGA(男性型脱毛症)は「進行する脱毛症」です。そのままにしておくと硬毛の軟毛化、脱毛量の増加、毛量の全体的な減少など進行します。AGAの治療するために男性型脱毛症の原因をしっかり知ることが大切です。男性型脱毛症は何故起こるのでしょうか?一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。でも、生活と仕事のストレスも重要な要素です。

薄毛の原因が複雑ですが、大きく分けて大体三つがあります。

・遺伝
遺伝傾向はありますが、不規則遺伝であり、まだ原因となる遺伝子は見つかっていません。 また女性よりも男性の方が、男性ホルモンが多いので遺伝の影響を受けやすいようです。

・男性ホルモンの影響
男性ホルモンの影響はAGAで最も大きな原因として考えられています。男性ホルモンは、5aリダクターゼという変換酵素の働きでDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換され、毛乳頭細胞にある受容体に結合することで発毛が抑制されます。男性ホルモンが毛根に作用して、毛根細胞のエネルギー生産抑制、脱毛シグナルの増加、発毛促進シグナルの抑制などが起こります。その結果、毛根の機能が低下して、髪の毛の成長が阻害され、脱毛が起こります。

・ストレスなどの生活の習慣
ストレスによって、心や体にも悪影響を及ぼします。薄毛や抜け毛にとっても例外ではないです。ストレスが自律経やホルモンバランスを乱し、血流が悪化すると、髪をつくる細胞が働かなくなって、毛根に栄養分を十分運べない状態となります。サイクルを終える前に抜け落ちてしまうようなこともあります。そして、食事の不注意なら、ビタミンやミネラル成分は十分に摂取できない場合が多いです。ビタミンが髪の毛の生成に必須とされる栄養剤ですから、摂取なければ毛が成長できません。また卵や肉といったものには、髪の毛をつくるタンパク質が含まれているので、十分に摂取しないと、髪が細くなることで、抜けやすい状態になってしまいます。