フィナステリドの服用でAGAによる抜け毛を防止

フィナステリド

フィナステリドとは
フィナステリドは、前立腺肥大症や前立腺がんの改善のために利用されてきた薬ですが、投与していた患者の中に毛髪が濃くなるという意図しない薬効が現れた事により、毛髪環境の改善に効果的であるということがわかりました。これがきっかけで研究が進み、 AGAによる脱毛への有効性が明らかになったのです。

1998年に販売されてからは、世界60か国以上で使用され、日本でも医薬品としてとして厚生労働省から正式に認可に至り、2005年末に万有製薬より発売されています。

AGA医薬品としての正式認可
いろいろな科学の研究が進んだ結果、頭髪改善を目標とした場合のフィナステリド成分含有量の適正割合が1%であることが確認し、AGA医薬品としてプロペシアが誕生することになります。

プロペシア誕生までに動物実験や治験によってあらゆる割合がテストされましたが、2%以上では発毛効果に大差がなく、唇が腫れるなどの副作用のほうが多数みられたことから、フィナステリド1%含有成分が頭髪改善医薬品となりました。

この研究実績を受け、FDA(アメリカ保険衛生局)によって正式認可を受けたプロペシアは、世界中に広がったのです。

フィナステリドの副作用による違いはある?
フィナステリドの副作用は一体何でしょうか?フィナステリド含有のプロペシアに関する副作用は、一般的に 胃部不快感・性欲障害や男性機能の低下(勃起不全)がよく報告されます。 男性機能の低下が一番気になるところではないかと思いますが、 偽薬を使った実験により、先入観からの精神的な影響が大きいことも分かっています。 この精神的な影響を除くと、副作用としての発現率低いと言われていますので、 大きな心配はいりませんね。

ただし、未成年者や女性へは処方されません。 妊娠中や授乳中の女性は、経口であっても皮膚からであっても、 吸収されると赤ちゃんに影響がある為、細心の注意が必要です。

どう入手すればよい?
これらの薬は日本では未認可なので、医師が処方することはできません。したがって入手するには、個人輸入しかありません。海外の業者から直接買えばその分価格はお安くできますが、これはあまりおすすめできません。薬の質に差が出てきかねないからです。

たとえば、フィンペシアなどでは、「キノリンイエローフリー」という種類が最近注目されていますが、これは従来使われていたキノリンイエローという発がん性が指摘されている着色料が使われていないフィンペシアということです。

他の人気トピック

レビトラはこの十年間の間に、非常に人気がある勃起不全治療薬です。

女性のもつ悩み解消:媚薬の効果には、「催淫作用」「発情作用」「体の感度アップ」と3種類の作用があります。